おーぷん2ちゃんねる まとめ






▼ 新刊・予約 ▼ kindle 注目の新刊 ▼ Kindleで無料本を読もう
▼ 数量限定タイムセール ▼ Amazonクーポン ▼ 食品・飲料の訳あり商品
病院へ連れていかれた愛犬 私の首に襟巻のように巻き付き張り付き離れない
編集 |
何を書いても構いませんので@生活板 22
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1459061187/787



787 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/12(火)00:23:35 ID:kec
昨日愛犬を風呂に入れて、お腹の毛が伸びたのでバリカンで刈り上げ、
なんか勢いで首回りや腰回りの冬は非常に暖かそうだったモフモフの飾り毛も刈り上げた。
乾かしたら虎刈りだった。
そして今日は病院へ連れていかれた愛犬、
私の首に襟巻のように巻き付き張り付き離れない。
なんとか健康診断をして、私にへばりついている間に
お尻に狂犬病の注射をされ、爪を切られた。
先生は愛犬を甘く見ていたらしく、
がっぷり噛みつかれて手から流血させてた。
でも前回の検診の時に、怒るので怖くて爪が切れない、と言ったら
いくら元気のいいダックスでも所詮ダックス、座敷犬なんだからできないはずない
と言った人なので、同情はしなかった。
診察室を出たら、いつの間にか待合室には犬と猫が沢山いて、
愛犬はヒビリまくりまた私の襟巻になり、
私の鼻先でンコちびった。
私だけがクサイと思う程度だけど。
家に帰って手を洗っていたら、なんか腕にあざがいくつもあった。
どうやら昨日の毛刈りの最中に噛まれていたらしい。
午後仕事に行ったら、みんなに腕、どうしたの?と聞かれた。
噛まれたとき痛くなかった(今もいたくないけど)から気づかなかったけど
腕が痣だらけて、いったいどんな事故にあったんだよ?って悲惨な色合い。
今ならDVの診断書偽装できるよ。
そしてこの痣、おそらく一週間くらいは腕を彩り、みんなを驚かすんだろうな。
若い頃は紫になってだんだん薄くなったけど、最近は黄色くなるんだよなぁ。





関連記事




[ 2016/04/1600:20 ] | | Top▲