おーぷん2ちゃんねる まとめ






▼ 新刊・予約 ▼ kindle 注目の新刊 ▼ Kindleで無料本を読もう
▼ 数量限定タイムセール ▼ Amazonクーポン ▼ 食品・飲料の訳あり商品
猫でひどい目にあった…うちの犬が…ことを思い出した
編集 |
何を書いても構いませんので@生活板48
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1501621674/112



112 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/08/05(土)13:16:44 ID:CGA
>>59を読んで自分の子どものころ、
猫でひどい目にあった…うちの犬が…ことを思い出した。

自分が子どもの頃の約20年前、田舎はまだ犬は外飼いの人も多かった。
これは父が野良犬の子を拾ってきて庭で放し飼いはじめて
半年たたないころのある夏の夜の話。
いつもうちの塀の上をパトロール経路にしていた猫が
その夜に限って塀から落ちた。
待ち構えていた犬と戦闘状態に入ったのが二階にいた自分に聞こえ、
すぐ部屋から出て階段を駆け下り庭に通じる履きだし窓をがらっと開けた。
その十数秒で犬、猫に敗北して逆に庭いっぱい追い回され
自分の犬小屋に追い込まれてたwww
鳴き声が勇ましいものから瞬く間に
ギャンギャン!キャイーン!っていう悲鳴にかわって庭を移動し、
犬小屋に逃げ込んだくぐもった声に。
猫はかなり手ごわかったようで犬小屋がガタガタ揺れてるとこに私登場。
猫は新手登場と見るやいなや塀に駆け上がってこっちをちらりと一瞬見た。
さすが歴戦の猫。
かなり巨大なトラ猫だった。
でも犬はその倍以上あったんだけどね。
(見た目からすると日本犬のミックスで当時で17㎏あった。)
犬はすごいしょんぼりしながら犬小屋から出てきた。
鼻にふたすじ、血がにじんでたので翌日親に獣医につれて行かれた。
獣医は笑わないように必死でこらえているような顔していたらしい。





関連記事




[ 2017/08/0623:10 ] | | Top▲